2006年11月07日

テル…

きみの瞳があまりに無垢すぎて
中の人がヨッパでリーダーのベッドのまわりぐるぐる回りながら絡んだことなんて考えたくありません(笑)

ぷっすまも後で見たほうが良さそうだ(といって何週見てないんだろう自分)。


posted by NEMUKO at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ネコはもふもふのなか

まどろんでいます。実家で妹のパソコンからです。

いやあ、頑張って張ったホットペッパーのCMですが、2本録りこぼしがありまして、それはもちろん、するめまんじゅうのカッパ泥棒」60秒と「惚れちゃった」であり、ようやく音の出るパソコンで確認できて嬉しいです。「惚れちゃった〜」は「恐かった〜」と一緒に保存したかったけど、無理は諦めます。両方とも山田(クサナギ)でメインであるところがくやしいっちゃくやしいけど、仕方ないもんねえ。メンマ編がぷっすまで録画できてたのが奇跡だと思おう。

今、妹が吉牛買いに行ってます。(今限定販売中なんだって?)父と母はお出かけ中です。チョナン未見です。ぷっすまはかなり未見が溜まっています。さて、性能のいいパソコンで、調べ物でもしましょうか。
posted by NEMUKO at 14:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

AT THE ZOO

誰かが言ってた。
動物園では、全てが起こると。
それは本当だよ。
僕は信じてる。

橋部さんも
S&G好きなのかな。
posted by NEMUKO at 07:39| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

成田離婚再放送中

でも、HDDがお腹いっぱいだって言うのもあるけど、録画していません。
なぜなら、うちにはビデオ(セルビデオだぜ)があるからです。

そも、第3話、ゆうちゃんのエプロン姿に見とれる口ぽかんの顔があまりに可愛くて、私はクサナギツヨシに落ちました。ええ、クサナギという名のアリ地獄の入り口でございました(笑)

時は12月、年度末決算。
最終回を楽しみにしていた割りに録画を忘れた私は、時間までに帰れなく、頼みの綱の妹は忘年会で、ああ悲しくも、最終回だけ見られなかったのでありました。(その後レンタルビデオが出るまでこの消化不良は続く)

ビデオが発売になったとき、「これは私の宝物になる」と購入を決意しました。とりあえず1、2巻を買って(ビデオはDVDみたく安くなかった)第1巻をデッキに入れた。突如白黒で「ゆうちゃんなんか、ギリシャでもどこにでも行っちゃえよ!」と、ついこないだレンタルで見たばかりの4巻のリプレイシーンが。

はて?

ビデオは第1巻。
ラベルも第1巻。
パッケージも第1巻。

中身だけ第4巻。

メーカーのミスだったそーです。レンタル屋さんも右往左往。

「成田離婚トリビア」でした。
今見返してみたら、すげえ可愛いね一朗くん。
そして、ユーミンの歌に泣きそうになるんだ。
posted by NEMUKO at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ファイナル

私にとって、ドリスマ以来のオーラス。
予告どおり、友達の宿泊先の神田までスペシャくん(MTB)で一時間ほどで行きました。途中職場の隣を通り過ぎ(行こうと思えば行けるんだい)久しぶりの長時間ライドだったので少々疲れが。しかしタクシー代には替えられずああ給料日前。
チケットをお譲り頂く、お初のCさんと、水道橋のコーヒーショップで、またもや悪い癖を出して一時間半もしゃべってしまう。ごめんなさい、しゃべりで。でもこれでまたお友達が一人増えました。彼女のお知り合いのGreenaさんとお会いする予定でしたが、お仕事の都合で時間的にかなわず。とてもお会いしたかったです。またの機会にぜひ。

ファイナル東京ドームは、とてもいい雰囲気で、チケット難関でもやっぱやりおるなコン事務と思ってしまいました。私たちの席は一塁側のステージほぼ真横。デベソのメンバーがはっきり見える位置。音もスピーカーの真横で、少々じんじんしたがはっきり聞こえてこもらない。素敵な席でした。
そして両袖のリフターが人力で回っているのもこの目で確認してしまいました。スタッフの皆様お疲れ様です。

「スマップライブインとうきょーどーむ、ファイナルー」の身のしまる声は聞けなかった気がしますが(言った?)今回の中居さんの怪我に、メンバーが一人一人。慎吾は手をかけてくれた。剛は声をかけてくれた。木村さんは掛け合いのダンスで負担をかけないように華麗に踊ってくれた。吾郎さんは2回ぶつかった、と落ちにされてしまいましたが、中居さんの口からこのメンバーの優しさが聞けて嬉しかったです。明日左脚痛くないかな、もう大丈夫かな。

同席のCさんが驚いた、パリピアでの剛→慎吾のほっぺちゅー。確か昨日はごろさんが自分のほっぺを差し出していたのに、慎吾してくれなかったよな。完全ないじられキャラな吾郎さん、可愛すぎる。本当に吾郎さまだ。
でも、ビバアミあたりで、意外に攻めな剛さん、木村さんに口ちゅーしてなかったっけ(ビデオラストで寸止めで終わったのがあったよーな)

もっと驚かれた、中居さんのソロの女性ダンサー脱がせ。中居ファンのG嬢は「正広はやればできる子」とほめておったですよ(笑)

剛の「サンキューねー」が新橋の親父くさいと、私がここで言った所で未来永劫本人には伝わらない。今日も連発していらっさいました。明日声がらがらだろうなあ、私もだけど。そして昨日の感想の言い残しだが、やっぱりヤツはヘソの位置が高い(赤面)。

そしてスマップライブは、生き生きと生きるみんなのためにある。女性だけでなく男性にも。そして生き生き生きなければならない一人の私は明日はお仕事が山のようにあるのでそろそろ寝ないとやばいです。お疲れ様でした。いい夢をありがとう。明日は明日でドラマがあるので朝から忙しい。

また来年ね。おやすみなさい。
posted by NEMUKO at 01:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

バリ燃え兄貴は柳腰

えー、見事に午前様です。
終電の時間調べたのに逃して、タクシー帰宅です。痛いです。
てか、水道橋から御茶ノ水近辺の店、混み過ぎ。すげえタイムロス。
明日は考えて、遅くなってもいいようにMTBで向かいます(そこまでするか)。ワンピース着ておしゃれするつもりだったんだけどなー。まあいいや。

今日は自前の席だったんですが、3塁側スタンドの前から2列目で、トロッコが目の前通り過ぎるうっきょー、な席だったです。オマケに東京ドーム名物、スタンドとアリーナを仕切るアミアミが視界に邪魔にならない席でちょーラッキー。

中居兄貴が復活いたしました。
のっけのでぃあうーまんから、バリバリに踊っておられました。隣のG嬢腰砕け(後にも一回腰砕けになる)杖持ってない、左足に包帯は巻いているが、ビデオ撮りにかけたのね。すげえプロ根性を感じるほどにメラメラ踊ってらっさいました。そいえば「すまっぷいんとうきょうど〜む!」なくてキムラさんがしゃべってたな。中居さん座り込んでたな。こんな感じの力の入れ具合、わかって頂けますでしょか。

また人のブログのこと書きますが、ジャングルアニメが変わっていて(大阪かららしい)ま・さ・に・くうさんの言っておられた「モンティ・パイソン」まんまのすげー今からDVD楽しみなシュールなアニメになってました。当時パイソンのアニメを担当していたのは、最近では「ブラザーズ・グリム」有名なのでは「12モンキーズ」を監督したテリー・ギリアムで(どっちも見てないんだけど)業界ではパイソンズをモチーフにするのはかなーり勇気のいることらしいですぜ。それをやっちゃった今回のスタッフに拍手う〜。

ドームはいいなーと、去年から言ってますが、めちゃ見やすい。今日なんかデベソで肉眼で2cmくらいには見えた。隣はおそらくカップルシートとメンズシート。いい席もらってんじゃん。
バリ燃え兄貴は今日もバリバリ燃えていました。すんごい気合入れて踊りまくっておりました。TOKIOはなんでこんなに歌が上手く聞こえるんだろう。なんでうたばんのカラオケの点数は低いんだろう。まあおいといて、シンプルなシャツにジーンズなのにむっちゃかっこいい。腰が細くてスタイルがいい。裏山。本人O脚悩みなはずなのに、近くで見えると素敵にせくしい。
そのせくしいな兄貴がトロッコで目の前を通り過ぎると、目からなにか光線出してるんじゃないかと思うほど惹き付けられる。トロッコから体を乗り出したり、囲いに立ってみたり、生剛の威力やいかに。本人もかなりドーパミン出してるんじゃないか。きゃあと、喉が痛いくらい叫んでました。剛と逆に帰りにトロッコで通過する中居さんに、G嬢腰砕け、そうかー、スタジアムで米粒コメップばっかりみてると麻痺するんだな、みんなちゃんと人の姿したメンバーを至近距離で見たいがためにリピするんだな、と思い直しました。そうそう、吾郎さまも生が素敵できらきらしておられましたわ。もう叫び声は「吾郎さまー」てなもんで。

レポでもなんでもありませんが、この日の興奮を記しておくべきとした今日のブログでございました。明日で終わり…とおもったら、またすぐ来年が来るし、ほんに楽しみは尽きない。ライブが終わったらすぐドラマだしね。

きらきらしたものを、もう何年と見続けているけど、きらきら具合は変わらない。私も変わったようで変わってないんだろうな。来年もまたきらきらを欲して夏を迎えるんだろうな。そう思った一日でした。
posted by NEMUKO at 02:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく

というがありました。自転車にどっぱまりの頃だったので惹かれましたが、ちょっと重そうなお話なので牽制しちゃいましたが。

ツール・ド・フランスの勝利の栄光の証である、黄色いジャージ。
テルくんは、それで黄色が大好きなんだね。TVぴあに書いてありました。
かろうじて雑誌は買えましたが、めざましで製作発表をちょっと見ただけ。
あ、アンフェア(まだ全部見てない)の最後で、長めの予告にもってかれたな。実はぷっすまも丸々未見です。
来週は生出演と。おー、オーラス後でちゃんと生きているか私。(だめじゃん)

お仕事が大変です。3つの関連会社、まとめて見ています。
「そりゃ、5人の人の名前を覚えろっていえば簡単だけど、15人の名前を覚えろって言われれば大変だわよ」とカウンセラーの先生はいいますが。現実は3x3で9倍大変な気がします。いろいろやらかすけど、それでも会社を間違えないだけ偉いよ私。
それにしても上の顔色を伺いながら仕事をするのはいやだ。これはいえる。
文句言わさないように早く仕事を覚えること。話はそれからだ。

プール行きたいなー。

posted by NEMUKO at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

剛とわんこ

かかりつけの医者は、MOREを定期購読してくれているらしく
今日行ったら、もう今月号がラックにおいてあった。
とりあえず隠れ家、とページを繰って、そこにみつけた
世にもかわえー剛と、黒須さんの愛犬ジンジャーだろうと思われるわんこ。

すげーかわいーーーーーと思った瞬間、医者に呼ばれて診察室へ。

早速明日買ってこようと思って、テレビ誌も明日にしました。
月末の殺伐としたココロが癒された気がするう。
人が怒られてるの横で聞いてるだけでどきどきするんだよう。
posted by NEMUKO at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

バスト占いの歌

Aカップ、Bカップ、Cカップ、Dカップ、
Eカップ、Fカップ、Gカップ、Hカップ
8組のバストを選ぶとしたらー君ならどれが好きー♪
(十人のインディアンボーイズの節で歌ってみてください)

くっだらないが、ものすごい才能だ、かっしゃん。
ぷっすま観ながら、この宮崎吐夢の不朽の名作、「バスト占いの歌」を歌っておりましたよ私。

ぷっすまの初期。
下着を選んでハンサム選手権。「だってさあ、いっぱいあんのよ、カップが、で、合うサイズが無いときはぁ、アンダーを上げたり下げたりして、パコって」
とゆうのも合わせて思い出しておりました。


そいえば、クサナギさんは「太もも触っただけでジーンズのサイズがわかる」才能の持ち主だったな。人間観察って、深い。
posted by NEMUKO at 13:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

予告まで

あともう少し。もう少し。

ユイカちゃんが妹なんだね。
謎のロードレーサーって、謎キャラなのね浅野さん。

暖かそうなドラマだから
ほっこりした気持ちで見守れそう。

それとも石のような私の感情を解きほぐして、泣かすか。

どちらにしても、火曜日は忙しい(お松のドラマが9時からなんて…)。
posted by NEMUKO at 22:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

冷し中華とキムラとしんつよ

あーもお、コンサ終了後しゃべり倒して、細かいこと覚えてない。
使いもんにならんな、おいらの海馬。

トークの内容ってネタバレ?やっぱり。
ずっと前から、国立ハネたら食事に行こうと吾郎さんと約束していた剛さんでしたが、土曜日は「あ、スマステだから」と振られてしまったことを、「約束してたのに…一人で食事しましたよ。」とちょっと恨みがましいことを。で、スタッフに「酢漬けの茗荷を持ってきて」といっていっぱい食べていたそうで。「だってさ、ライブの後とか、すっぱいものが美味いのよ」と。その流れか、なんだかいっぱい一人で喋り捲る剛さんですが、「木村くんに教えてもらったんだけど、冷し中華に豚の角煮を乗せて食べると美味い」と教えてもらったことを得意げに。ちょっとひいた木村さんが「おまえ、それライブでしゃべることじゃないだろ。美味かったら電話して来いよ。」とたしなめるも「だって美味かったんだよ」とひきません。したらば、慎吾さんも角煮乗せ冷し中華を教えてもらったみたいで「君だけじゃありませんー俺なんか木村くんと一緒に食ったんだぜ」と割り込んでみる。「おれなんかリハの時から教えてもらったんだぜ」と応戦する剛さん。お前ら小学生かよ…

中居さんは一日目より一所懸命動いておりました。やっぱ普段運動している人は、痛い脚の方抑えながら、元気な方での動き方がうまいのかしら。帽子も取りました。裾金というよりハーフアンドハーフなその髪には、鈴カステラを彷彿とさせられました。二日目もソロなし。大阪回って東京ドームでは(一日しか行かないけどさ)是非見せて欲しい。切なる願いです。

TOKIOには…私の知らないクサナギツヨシはまだまだいっぱいいるんだなあ、と感慨に。とりゃ、うぉりゃ。

小学○年生なめんなよ、って感じでしたね。赤と青のちゃっちそーなメガネ一つで3Dがあんなにスゴイ映像になるなんて。DVDでまた特典映像で付けてくれるかな。

昨日記した「サンキューね」は相変わらず気になりましたが、メンバーから発せられるありがとー、さんきゅー、の類の6割がたはクサナギさんが叫んでいたと思われ。最後の挨拶のとき声がらがらだったもん。
それでもTシャツにキャップのシンプルなカッコはえも言われず愛らしくて、かわいー!と叫んだ私も喉が痛い。キャップを脱いでのバク中もしっかり双眼鏡越しに確認できて嬉しかったでした。

土曜日は飲茶、夜は居酒屋、日曜の昼はイタリアン、夜はまた居酒屋。
体重計には乗っていません。すげーいっぱいしゃべりました。お友達の輪がぐるんとでっかく繋がりました。
とても幸せでした。みんなありがとー、ありがとー(新曲のプロモだったのかもしれない)

さーて、ダイエット再開ー。ワイドショーもひと段落したし、会社行く準備もしよー。
posted by NEMUKO at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ちょっとだけね

はぴばすでーでぃーあすまっぷー(by涙目のクサナギシ)は何年前だっけ。
今年は15周年をコンサートで祝うことが出来て、とても素敵な時間でした。

が。

中居アニキが左足肉離れを起こし、踊ることが出来ませんでした。
いきおいアニキのソロがばっさりカットされ、初日だった私はショックを隠しきれません。
中居ファンによれば、多分今日やっちゃって、練り直しが出来なかったためのカットであって、明日は判んないよ、とのこと。やってくれるといいなあ、でも無理しないで欲しいなあ。だって、何万人が「それよりあんた肋骨は?」とツッコミいれたはずなんですよあの瞬間。なんだか、ゴルフの打ちっぱなし中にやっちゃったとかなんとか…(在大阪の友人談を経由で聞く。ああ、友達の友達の話。いや実際も友達なんだけど)

クサナギさんのハイテンションはすてきでしたが
「サンキューねー」というのは、新橋あたりの酔っ払いのオヤジみたいなのでぜひ改めて欲しいです。

で、友達から聞いたボキャブラ。

城島くんが実家にいるよ(トキオガ、ナラオルネー)c)ぐーこか、その知り合いか、どこかで出たネタ。

明日もあります。私にしては遅すぎる時間です。レポなんか書けません。ごめんなさい。ペンライト(ペライ←誰もツッコメないキムラシの言い間違い)の海はひたすら綺麗でした。これを見るために、一年頑張って生きているんだなあとも思います。

では、おやすみなさい。
posted by NEMUKO at 01:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ドラマ第一報

来ましたね。
お陰で目が覚めました。

チャーリイ・ゴードンだあ…
posted by NEMUKO at 06:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

福岡楽しかったみたいでよかったね

昨夜ぐーこからモツ鍋会写真つきメールをもらい
今朝寝ぼけ半分でぐーこからの福岡レポを携帯で読んで
しゃっきり朝食を食ったあとでたまこのロングロングレポを読みつくし
…夏だねえ、中居さんの夏だねえ(どどどどどーん:キンチョウの花火CM)と感慨にふける私でした。

本当にコンサート期間にお誕生日があるっていいですね。イベントですもんね。クサナギさんは7月はじめなのでまだ梅雨が明けてなかったりして(私もだけど)気持ち的にしけってることが多いんですよ。でも今年は一緒に祝ってもらえてよかったね。

土曜日びょーいんで、「じゃ、次の予約は3週間後の9/9で」といわれ、うーーーーーーーーーんと考えた挙句、「午前中でお願いします」ああ国立もう3週間後なんだ。ぐーこちゃん、9日のチケット手に入らなかったら、池袋で飲茶食い放題にいこうぜ(自棄)。

さて、最後の休みだ日本沈没でも観に行くか、と思ったけど、ザ・ノンフィクションでクサナギさんナレーションの「日韓団塊の世代」を取り上げるという。団塊のおじさんたち、あなたたちがリタイヤする半面で苦労する若者がいるつうことを忘れないで下さい。逃げてニートに走る奴もいるかもしれんが。労働力としてのリプレイスは若者なんだよー。

てことで、おうちで大人しくお片づけします。水曜日レディスデーにする。
posted by NEMUKO at 12:53| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

台風とライブといいともと剛

なんだか、東京はあっちいだけで、うだうだとパソコン覗いてお茶を濁して(片付けはどーした)、たら、福岡で台風が大変なことになっていると。
今日は中居さんの生誕記念ライブではないか。某BBSで「剛がいいともに生で出てたらコンサは中止」的な流れになっていて、おうわーとG嬢にメールをするが、「全ては12:00」と返事が来る。
したら、スタジオにいないじゃないか。変わりにお天気レポーターが捨てられたわんこのような目をして、風速計を持って福岡のテレビ局前に!
なんかいろんなことがすげえなーと思いました。そのあともしっかりとモニター参加してお仕事をこなす。えらい。うだってる場合じゃないぞ自分。
今まだ途中でしょうけど、無事にライブが終わって、参加された皆さんが無事に帰り着ければいいですね。

ギャッツンツンのCMキャラがキムラさんに変わって、やたら「ふぁららららららぁ〜」と聞こえてくる。私と妹が、むかし観たお芝居でかかっていて、「野田くんが溶けるときの曲」と呼んでいた曲だ。フレンチポップスだとばっかり思っていたら、違うのね。意を決して「キムタク」という言葉を使ってぐぐってみたら(ぐぐる、って動詞グーグルさん的には好ましくない使い方なんだってね)、出てきました。
ミュージシャン名: THE STYLISTICS
原曲"CAN'T GIVE YOU ANYTHING (BUT MY LOVE)/愛がすべて”

ああすっきりした。
posted by NEMUKO at 21:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

I say a little prayer (ちいさなねがい)

どなたか。
あれえ、9/9のチケット一枚余っちゃったぞ、どうしようか、なんて方。
そんかし10日のチケットがないんだよなあというお方。
一枚ずつ交換してもいいよー、とおっしゃる奇特なお方。

ご連絡頂けますでしょうかっっっ!!!

ぶっちゃけてチケット交換のお願いです。
9/10の国立競技場一枚を、9/9一枚に交換してください。

欲はかきたくないですが、
お誕生日には参加したいです。臆病が招いた現状でございまして。

宜しくお願い致します(ぺこりー)
posted by NEMUKO at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

小心者、たまにはいい目に合うこともある

最近また眠りのリズムが狂ってきて、夜中に何回か目を覚ます。
野村沙知代との面接のあとなんか、恐かったんだろう5回くらい目を覚ました。
仕事してるときは生あくび連発をアイスコーヒーブラックで押さえ込むのだが、お休みの時は早めにベッドに入り、朝ゆっくりでOKとゆうことにしている。
BGMはPOP,UP,SMAP(途中で眠りに付くのでちゃんと聴いてない(謝))。

そんなわけで昨日も早めに寝て、今朝、チケット確認取れませーん日程表がありませーん書く物がありませーんSOS,SOS,的な夢を見たので、よしゃ、これは夢だ、そろそろ回線も落ち着くだろう、と気だるく体を起こした。

最近チケット激戦になってから、2口で、2枚ずつ申し込むことにしている。
4枚より当たりやすいような気がするし、初期にこれでもかと言うほど全国行脚をしていた時期があったので(楽しかったけど)もうこれは年に一度ささやかに2回(あわよくば3回)くらいの楽しみにしよう、と思うようになったのだ。体も壊したし。

そしたらひょ、2口ともひょ、第一希望が取れてたのだよひょ。
東京ドームの10月8日。オーラスを第一希望に書く勇気がなかった小心者に、コン事務さんもやさしくしてくれたのかしら。早速お友達に連絡し、
国立の10日2枚と交換成立。めでたく2回、でかい所と落ち着く所で夏の楽しみを迎えることに相成りました。

一安心。

今日は冷麺食ってアカスリ行くんだー、楽しみだー。
posted by NEMUKO at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

日本沈没舞台挨拶

チケット販売に際し徹夜してくれたお友達2人に激烈感謝の心をこめて。
おかげで午前午後2回も観る事が出来、メッセンジャー以来の舞台挨拶記録更新も相成りました。しあわせものです。
遅くなりましたが、あんど実家の妹のPCなので手短にツボなどを。

明日のWSで流れるでしょうから、ま、一足早く。(これも実家だとチェックしきれないので、チョナンにまかせた)

どーんとでかいスクリーンの、左側から切ない物語を鑑賞した後、
舞台下手から、司会のあずみんが登場、この方独特の節回しで舞台挨拶を円滑に進めてくれます。
出演者は登場順に、子役の福田麻由子ちゃん、トヨエツさん、芝咲コウちゃん、クサナギさん、大地真央さん、国村準さん、樋口監督でした。ミッチーがいなかったのがちょっと残念。生ベイベーが聞きたかった。クサナギさんは最初落ち着いて「映画は見てくれる人がいなければ終わってしまいます。1人でも多くの方にこの映画を見て頂きたい」とソツなくご挨拶されていたのですが、あずみんとのやり取りの間に、テンションが上がってきてしまい、それにつれて何故だかマイクまでばりばりとハウりだし。「僕の中のフォッサ・マグマが咲いてしまい大変なことに」などと意味不明なことを連呼されだす。
(正しくはフォッサ・マグナ。日本列島を走っている溝のことで、裂けるもので咲くものではない)

映画ではカットされてしまった「会津磐梯山」(ご本人上手く歌えてご満悦、だけど昔のCMのメロディーはなんか違ったよーな気がするんですが、まあ。)を披露され、鏡開き(小野寺酒造と名の入った、気の効いた樽でした。お酒の名前は失念)。

写真撮影全般に対し、あずみん「これから取材の方だけの写真撮影の時間があります。みなさんはお控えください。(カメラチェック済み)なお、樋口監督もカメラを持ち込もうとして没収されていましたのでご協力お願いします。」一同大爆笑。監督はご挨拶のとき頭が真っ白に飛んじゃって、とっても素になってしまって可愛らしい一面を見せてくれていたのでした。客席にはご両親もいらして。

そして監督リベンジ。2回目の舞台挨拶のときにつつがなくスピーチを終えた後、おもむろにマイカメラを取り出し、キャストの写真を撮ろうと。
それを見た最前列の剛ファンの浴衣のお嬢さんが「撮りましょうか」と声をかけるともうまってましたとカメラを渡し、真ん中に映る。なんてナイスキャラな監督なんでしょう。風見くんがファンになるのも理由がわかる(へ?)

かなり抜け落ちていると思いますが、舞台挨拶の私のツボはこんな感じでした。家に帰ってパンフレットをじっくり読むとなんと多くの人の手と年月がかかった作品化が思い知らされました。映画なので観る機会はたくさんあると思って、このディザスター物でありながら希望に続く物語に足を運ぼうと思いました。

何のかんのといって、やっぱり生クサナギツヨシは、可愛いのだよ。
posted by NEMUKO at 21:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

おーちつーいてーあーわーてーてーるー♪

まー、ライヴ本番の頃私ゃいったいどこで何してるのかと思うと、月末の平日なんか恐くて申し込めないし。遠征はしないつもりだし。お金はないし。大体において振込み期日までに果たして間に合うのだろうか。

地デジ男、今朝めざましで見ました。ああ、2011年までお付き合い頂けるのかしら。したらテレビの買い替えも忘れずに済むわね。でも全部コピワンになるんでしょー、すげー不便じゃん。どーしてくれるの?

で、雑誌攻勢の始まり。「シネマシネマ」の表紙がすっごく綺麗だったのでそのままレジにもってく途中で歩きながら金額確認。990円。高っ!
まあ、買いでしたからいいんですけどね。これから7月半ばまでまた本屋通い…黄泉がえりがよみがえる。ああ、あんときゃちゃんと勤めてたから金のこと心配しなくて良かったなあ。

外側は冷静なんですけどね、中身が大丈夫かは自身ないっす。
posted by NEMUKO at 20:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

やっぱり胸につきる

その昔、トヨタレンタリースの剛美と剛子は、胸がぺったんこで
私は「おお、これがクサナギツヨシの女装に対する精一杯の抵抗だ!」と感動すら覚えたものの

月日は流れていつの日か、彼はファンからしたら「なんじゃいそりゃ」と思われる頑ななポリシーを捨ててゆき、ついにはミッキーキスまで果たしたのだから最後のプロ意識の目覚めと言わざるを得なく(てか、なぜそんなまで拒否していたのかはまあ云々)

こうだくうちゃんのおかげで、キューティーハニーにもなったことだし、今回のカメレオン剛にもつながった。倖田來未といえばのエロかわおっぱい、無視するわけにはいかなかったんだな。あれから10年くらい、大人になったねクサナギツヨシ。高校の廊下のティーチャーの胸、ありゃそーとー手が込んでるぜ。

役者としても一皮むけたね、おめでとう剛。
posted by NEMUKO at 22:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。