2011年07月13日

笑ってよきみのために

いやあ、クサナギさんも37歳になられて、「なんか変その髪」と思ってたら、地デジイベントですっきりした短髪で現れなされて、ご健勝でなによりです。

そんな私が、ようやく手にした「僕と妻の1778の物語」DVD。
スタンダードエディションです。なぜなら。



発売日に慌ててあまぞんにかけこんだら
数日後


間違えてブルーレイのコレクターズエディションが届いたんです。あ、当然オーダー間違えたのは私です。
ブルーレイレコーダの購入予定は遥かに未定。DVDのコレクターズエディションは品切れ。
なので敢えてダブル買いしました。うう。

今年に入ってから、気分的にぷてぃーな社会復帰(拘束時間的にはツーマッチ)をしたんですが、まあこれが精神的にイタブラれること鬼のごとし、で、当時疲弊してて映画館にも2度しか行けませんでした。
ただ夫婦愛の話だと言うので、カップルチケット買って、休みの日相方につき合わせたので、果たして奴は判ってくれたかなあと。

お互いを思いやる心は、実はよくわかってなくて、自分が思うことで相手に思ってもらう。
探り探り。これが愛の形なのかなあ。
さだまさしの「道化師のソネット」の「きみの悲しみ苦しみを笑顔が救うのなら、僕はピエロになろう。笑ってよきみのために、僕のために」の歌詞にすんごく弱くてですね。聞くたびに95%の確率で泣くんですわ。

この実写版じゃないかー!
峠で疲弊してる場合じゃなかったよ俺!

映画館で泣かなかったところで涙腺刺激されること数ヶ所。

せっちゃんがサクの手袋を編むことが、すっごく好きなんです。
昔編んだことあって、手袋の編み図を探したけど、なかなか見つからず。
結局女性用の編み図しか入手できませんでしたが。

丁寧に生きる、美しさが反映されていると感じています。

編集長の陰山さんとか、エキストラみたいな小須田さんとか、超病人の吉田朝とかも、かつて愛した男たちだし(?)。


わあ、コメンタリー聞く時はちょっと気持ち転換しないとキツイなー(笑)クサナギさん素すぎる(笑)。


posted by NEMUKO at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック