2010年10月16日

録画機周りのややこしい時代

要はこの後日談なんですが。
ケーブルテレビ経由で、アナログのHDDにデジタルの映像で、草生活を録画しました。
今日の時間に余裕のある間に、さっくりと編集してDVD-Rに焼くつもりでした。
Rは今は珍しい、カラーディスクで、黄緑色。うーん素敵。
かーえーなーかっちょえーなー、としっかりと観返しながら。

が。

「コピーガードがかかってるから焼けねーよ」的な、7年目で初めて見るメッセージが。

コピワンって、一回だけならディスクに焼くことが出来るはずではないの?
で、Rだからダメなのかなと思って、RAMディスクで試してみたら

やっぱり駄目だった。

みーみーみー、どうして?
思えば去年の地デジ化完了からこちら、BSとか、ケーブル通して録画したものをディクスに焼いたことがなかったことを思い出す。

こんな時のため、ではないが、デジタルのきれーな映像で観たかったから
テレビの録画機能でも、草生活は録画していた。


で。

時間があるとき、めんどくさい手続きをした上で、「ディスクに焼くことが出来る・であろう」ことはかろうじて判明。
でも自力ではできないので、相方頼り。
あー、自分でちゃっちゃか出来ないのは芳賀唯、いや歯がゆいことこの上なし。

でもよかった。保存できるー。
つう、めんどくさい日でした。ついでに昨日の山登りの補助席も玉砕。みー。


posted by NEMUKO at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クサナギツヨシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック